ここから本文です

COLUMN

2022.01.24

ペットを室内飼いする際には静音性の高い空気清浄機がおすすめ!

静音性の高い空気清浄機

ペットを室内で飼われている方の中には、「部屋に空気清浄機を設置しようかな…」と検討されている方もおられるのではないでしょうか?
本記事では、ペットを室内飼いする際には静音性の高い空気清浄機がおすすめである理由についてご紹介していきます。

犬や猫などのペットは音に敏感!

犬・猫などのペットは、非常に小さな音にも敏感に反応するという特性があります。
とくに犬に関しては非常に優れた聴力を持っており、人間の3倍ほどある範囲の音を聞き取ることができると言います。
人間が聞こえない音も捉えることができるため、同じ音が聞こえたとしても私たち人間以上に大きな音として聞こえてしまっていることが考えられます。
つまり、人間にとって大きな音だと感じる場合、犬にはそれ以上に大きな音として届いているということです。
そのため、必然的に犬・猫などのペットは音に敏感になるのです。
とくに聴力が優れている犬・猫の場合、音に対してより敏感に反応するでしょう。

音に対して不安・ストレスを感じるかどうかはペットによって異なる

しかし、聞こえた音に対して不安・ストレスを感じるかどうかというのは、それぞれのペットによって異なります。
雷や花火といった音に敏感になって怖がる様子を見せるペットは多いですが、中には全く気にしていないペットもいます。
そのため、これまで雷・花火の音が聞こえても気にしていなかった犬・猫が、ある時を境に敏感に反応するようになってしまった場合は、雷・花火の音が何か嫌な思い出と結びつけられてしまっている可能性があります。

ペットが空気清浄機の稼働音に反応することも

稼働音に反応する

このように音に対して敏感なペットは、「空気清浄機の稼働音」に対しても反応してしまうことがあります。
ペットを室内飼いする方であれば、ペットの抜け毛対策・ダニやノミ対策ができる空気清浄機はぜひ導入しておきたい家電の一つかと思います。
しかし、そんな空気清浄機の稼働音に怖がる反応を見せたり、ストレスを感じていたりするペットは少なくありません。
「そこまで音が気にならないような…?」と思われている方も多いでしょう。
ただ静かな空間であればあるほど、空気清浄機の稼働音というものは意外と気になってくるものなのです。
犬や猫などのペットは、人間のように言葉を発することができません。
そのため、音に対して不快に感じていてもそれを伝えることができず、ストレスをため込んでしまっているペットも珍しくないのです。

ペットを室内飼いする際、静音性の高い空気清浄機を選ぶのが◎

室内飼いには空気清浄機

ペットを室内飼いしていて空気清浄機を設置する場合、必ず稼働音に対して注意を向けるようにしましょう。
集塵力・風量が強いものであれば、稼働音が比例して大きくなってしまうものもあります。
稼働音が大きくなればなるほどペットは不安に感じたり、ストレスを感じたりしてしまいます。
そのため、できる限り「静音性に長けている空気清浄機」を選ぶようにしましょう。
とくに犬・猫などのペットを飼っている場合は、静音性の高い22dB以下の製品がおすすめです。
実際にお店に行き、店員さんに聞いてみたり、その商品を稼働させてもらったりしながら静かな空気清浄機を選ぶようにしましょう。

おわりに

本記事では、ペットを室内飼いする際には静音性の高い空気清浄機がおすすめである理由についてご紹介しました。
基本的に犬・猫などのペットは、音に敏感であると言われています。
「良かれと思って設置した空気清浄機がかえってペットのストレスになっていた…」ということにならないよう、室内でペットを飼われている方は愛犬・愛猫のストレス軽減のためにぜひ静音性の高い空気清浄機を選んであげてくださいね。

QAIS サンスター

著者情報

空気とニオイのお役立ち情報編集部

日常を快適にする、空気とニオイに関するお役立ち情報を発信いたします。

QAIS SUNSTAR

関連記事

ペットに関する人気記事

記事一覧へ