ここから本文です

COLUMN

2020.12.23

除菌脱臭機とは?空気清浄機との違いについても解説!

除菌脱臭機とは

部屋の空気中のにおい・菌を減らすことのできる「除菌脱臭機」が注目を集めています。
しかし除菌脱臭機はさまざまな種類が販売されており、どれを購入しようか迷われている方も多いのではないでしょうか。
今回は除菌脱臭機の機能に関して、また空気清浄機との違いについてご紹介していきます。

除菌脱臭機とは?

除菌脱臭機とは、部屋の空気中に漂うウイルスや菌、嫌なにおいなどを根源から分解し、抑制する働きを持つ家電です。
さまざまな種類の除菌・脱臭の仕組みが存在しますが、本体内部のフィルターに吸い込んだ空気を通すことで清浄化するタイプや、次亜塩素酸・オゾンを放出するタイプなどが代表的なものとなっています。
しかし可視化できないウイルス・菌などに対し、どれくらいの除菌効果があるのか?という問題に関しては統一基準がありません。
そのため、各メーカーのホームページなどでそれぞれに試験結果を掲載し、その除菌効果を証明しています。
また脱臭効果に関してもメーカーごと試験が行われており、比較の指標というものは統一されていません。
除菌脱臭機の製品によっては、得意とするにおいと苦手なにおいの種類も異なるため、部屋の気になるにおいがその製品で対応できるかどうかを確認してから購入するようにしましょう。

空気清浄機との違いは?

空気清浄機の違い

除菌脱臭機と似ている製品と言えば、空気清浄機が挙げられます。
この2つに共通しているのは、「空気を清浄化する」という点です。
しかし、ほこり・花粉といった集塵の機能を重要視している「空気清浄機」に対して、「除菌脱臭機」は除菌の機能・脱臭を重要視しているという違いがあります。

空気清浄機が強みとしている機能

空気清浄機は、ほこり・ハウスダスト・花粉などの目に見えないほど小さな粒子を吸収し、フィルターを通じて空気を清浄します。
中にはイオン機能や脱臭フィルターが備えられており、除菌と脱臭が同時に行えるタイプの空気清浄機もありますが、基本的には集塵の機能が主軸とされている家電です。

除菌脱臭機が強みとしている機能

除菌脱臭機は、においや菌を根源から抑制する除菌・脱臭の機能が主軸となっており、集塵の機能は備えられていない場合がほとんどです。
機種によっては集塵の機能が付いているタイプもありますが、基本的には脱臭の機能を重要視しています。
そのため、「部屋の気になるにおいを解決したい」という方におすすめの家電とされています。

除菌脱臭機の選び方

除菌脱臭機の選び方

除菌脱臭機は除菌・脱臭の仕組みによって代表的な2種類のタイプに分けることができます。
本体の内部に空気を吸収しフィルターを通じて清浄する吸引タイプは、ピンポイントな設置場所の近くで強力に作用します。
一方で除菌・脱臭に効果的な成分を放出するタイプは、広い部屋で使用しやすく、部屋の全体にその成分を行き届かせることができます。
また除菌脱臭機の機種によって除菌・脱臭可能な広さの範囲が異なってきます。
設置する部屋の広さと除菌脱臭機の適用畳数が見合っているかどうか確認して選びましょう。
また除菌・脱臭の機能はもちろん、空気清浄や加湿の機能が搭載されているタイプの除菌脱臭機もあります。
その1台があれば別の家電をいくつも購入する必要がないため、空いたスペースを有効活用することができます。

おわりに

今回は除菌脱臭機の機能に関してと、空気清浄機との違いについてご紹介してきました。
特に小さいお子様が居る、またはペットのにおいが気になるというご家庭に除菌脱臭機を導入すれば、においを気にすることもなく、清浄な空気の中で快適に過ごすことができるでしょう。
今回の内容を参考に、気になる方はぜひ一度「除菌脱臭機」の購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

記事一覧へ