このページの先頭です

ここから本文です

ペットのニオイ

サンスターの除菌脱臭機で、
ペットの居る暮らしも
空気も美しく。

気になるペットのニオイ問題。最初は頑張って消臭していても、だんだん面倒になり、ニオイに慣れてそのまま諦めた…そんな経験はありませんか?
サンスターの除菌脱臭機は、小型で静音ながら光触媒技術で24時間脱臭・除菌します。軽量で壁にかけることもできるので、ペットが倒す心配もありません。
ペットと毎日快適に過ごせる、美しい空気をお届けします。

こんなお悩みはありませんか?

  • トイレのニオイが気になる
  • こまめに掃除やお手入れを行うのが大変
  • 消臭スプレーや芳香剤をペットが舐めたり倒したりしないか心配
  • 空気清浄機は探しているが、ペットに最適なものがわからない
QAIS-air-04A1J(クワイスエアーゼロフォー)

そんな方におすすめ!

QAIS-air-04A1J(クワイスエアーゼロフォー)

(クワイスエアーゼロフォー)
04A1J-0W |ペット用除菌脱臭機

商品ページ

トイレの臭いはあがる。
だから、上からキャッチ。

その技術、サンスターの光脱臭

※アンモニア

ペットのニオイや
快適さを考えると、

答えは「壁掛け」でした。

●触れないから
				危険が少ない ●上だからニオイが広がりにくい ●ペットの生活を邪魔しにくい ●上だから毛が絡まりにくい
“ペットファースト”な
3つのこだわり

安心

オゾンや薬剤を放出しない
「UV光×光触媒」による
独自の脱臭技術※2

サンスター独自の光触媒技術とUV光を使用した脱臭方式で、菌・ウイルス・ニオイの原因物質を抑制。※1 ※5 ※6 ※7
オゾンや薬剤を放出せず、キレイな空気に戻します。

オゾンや薬剤を放出しない「UV光×光触媒」による独自の脱臭技術

安全

  1. 電源コード保護カバー

    ペットの接触や噛んでしまう事故を防止するカバー

  2. 側面・フラット設計スイッチ

    ペットの誤動作を防ぐ、操作ボタンのフラット設計

  3. 低電圧12V設計

    万が一噛んでしまう恐れを考慮し安全性を考えた低電圧設計

1.電源コード保護カバー 2.側面・フラット設計スイッチ 3.低電圧12V設計

快適

ペットの快適性(静音性 23dB)
に徹底配慮!

独自技術だからこその静音※4を実現。通常モード時の場合、吹出口から1mの運転音は26dB※a ※cで、吸気口から下、ペットの生活エリアでは22〜23dB※b ※c なので、くつろぐペットも安心です。

ペットの快適性(静音性 23dB)に徹底配慮!

※a 図書館の中・深夜の郊外程度  ※b 木の葉のふれあう音程度 ※c 自社測定による 

QAIS-air- 04A1Jの特長

フィルター交換不要だから経済的。
お手入れもらくちん!※3

定期交換が必要な吸着タイプのフィルターではないので、面倒なフィルター交換は不要。
お手入れが簡単※3 だから、気軽に使い続けられます。しかも毎回かかるランニングコストも抑えられます。

フィルター交換不要だから経済的。お手入れもらくちん!

壁に掛けて上から垂直吸引
毛が絡む心配もなし!

特に気になるアンモニアのニオイは空気より軽くすぐに上昇します。だから上からキャッチで、効率よく垂直吸引し脱臭※1 ※5します。壁掛けだから毛が絡みにくく、ペットが誤作動を起こしにくくなります。

壁に掛けて上から垂直吸引毛が絡む心配もなし!

来客がある時にとっても便利な
「MAXモード」機能搭載!

来客時やニオイが気になる時に、ボタン1つでパワフル脱臭※1 ※5。急速脱臭を行うので、お部屋に広がるニオイを抑えます。※1 ※5

来客がある時にとっても便利な「MAXモード」機能搭載!
  • ※1 すべての臭い、菌・ウイルスに効果があるわけではありません。臭い、菌・ウイルスの種類や使用環境により効果は異なります。
  • ※2 光触媒セラミック=網目状に微細な穴を形成したセラミックにアナターゼ型酸化チタンの光触媒を担持させたもので、穴のないセラミックに光触媒を施したものに比べて有機物の抑制効果が格段に高まるのが特徴。
  • ※3 吸込口の「ガード」の適時清掃は必要です。
  • ※4 一般的な騒音の大きさの目安であり、その場の状況や条件等により感じ方や大きさは異なります。
  • ※5 尿臭(アンモニア)に対しての臭気強度3.0(楽に感知できるニオイ)から2.0(弱いニオイ)への低減時間。6畳密閉空間:約5時間(6畳密閉空間の試験結果)
  • ※6 6畳密閉空間における、1種類の浮遊菌に対する約2時間後の効果。
    ■試験機関:(株)食品衛生研究所 ■試験方法:約6畳の密閉空間で1種類の浮遊菌数の変化を測定
    ■試験装置:QAIS-air-(04A1J-OW)を運転 ■試験結果:約2時間で99%以上抑制(報告書番号:217537N-1)
  • ※7 6畳密閉空間における、1種類の浮遊ウイルスに対する約3時間後の効果。
    ■試験機関:(株)食品衛生研究所 ■試験方法:約6畳の密閉空間で1種類の浮遊ウイルス数の変化を測定
    ■試験装置:QAIS-air-(04A1J-OW)を運転 ■試験結果:約3時間で99%以上抑制(報告書番号:217537N-2)
    ※装置内に浮遊ウイルスを取り込んで抑制。

6畳(25㎥)密閉空間による
脱臭・除菌性能

※密閉空間での評価であり、
実使用空間での実証効果ではありません。
使用環境等により効果は異なります。

脱臭性能評価

尿臭、生活臭、汗臭・体臭
臭気強度

浮遊菌・ウイルス除去性能評価

菌 約2時間で99%以上減少

2時間後
99%以上減少

ウィルス 約3時間で99%以上減少

3時間後
99%以上減少

詳細はこちら

お客様の声

ご使用者の声

部屋に広がる前に脱臭するから臭わない!

K さん

★★★★★

家に入ると、ペット臭やトイレ臭が気になっていて、芳香剤とかで誤魔化してたんですが、このQAIS-air-04A1J(for pet)を使ってみたら、トイレの真上に設置するので、部屋に広がる前に脱臭してくれて、ニオイない!!
ちょっとニオイが気になる時は「MAXモード」で急速脱臭も出来るのでとても気に入ってます。
音が静かで気にならないし、機会音に敏感な子も気にならない様子でした。
あと、フィルターも定期交換が不要なので、経済的だしお手入れも簡単で、長く使い続けれるのも魅力的でした。

あっという間に脱臭!大満足!

N さん

★★★★★

使用してみて、一番驚いたのは、効果の早さです。
ペットのトイレ使用直後でも、ニオイを感じる前に上からニオイをキャッチしてあっという間に消臭してくれますし、雨の日など特に、日常的に部屋中に漂っているもわっとしたニオイも 一切気にならなくなりました。
また、音もとても静かで、うちの猫も全く気にせず過ごしています。
コードカバーもついていて、低電圧設計なので、イタズラ好きな猫でも安心して使用できています。
壁掛けなので目立たず、抜け毛の巻き込みもなく、見た目もスマートで、大変満足しております。

びっくりする静かさ、全てにおいて
ペットファ-スト!

Y さん

★★★★★

びっくりするくらい静かです。消費電力も少ないので、設置裏のキッチンから電源引っ張って来ましたが問題ないです。
ペットがいたずらしないようにコ-ドカバ-も付属。
トイレマット交換の時期にあー、本当に臭ってないんだなぁと実感します。
薄型で主張しすぎないデザインがおしゃれで視界に入る度に嬉しくなります。
お手入れも簡単でフィルタ-交換無しなのが年間で考えるとお得ですね。とにかくおしゃれで静かでニオイも取ってくれる優れものです。
コ-ドカバ-とか全てにおいてペットファ-ストです。

コンパクトで静音なのに脱臭力が凄い‼︎

J さん

★★★★★

おしっこの臭いのもとのアンモニアは空気より軽く上にあがってく性質を利用し猫トイレの上部で素早くイヤな臭いをキャッチしてくれます!!
今まで部屋の扉を開けた時に気になっていたあのニオイが全くなくなりました。
音もほとんどしないおかげで猫たちは全く存在を意識していないのでイタズラされることもありません。
なんといってもデザインがシンプルでどんなお部屋にも合うと思います。フィルターも交換不要でメンテナンスが楽なのも助かります。使い始めて数週間経ちますが大変満足しております。

一覧はこちら

QAIS-air-04A1J(クワイスエアーゼロフォー)

QAIS-air-04A1J(クワイスエアーゼロフォー)

(クワイスエアーゼロフォー)
04A1J-0W |ペット用除菌脱臭機

38,500円(税込)

豆知識

脱臭機と空気清浄機との違い
空気清浄機は、部屋に舞っているほこり・花粉・ダニなどの汚れや気になる臭いをまとめて吸い取って、フィルターを通してろ過をし、部屋の空気を綺麗にすることをメインにしているのが空気清浄機です。脱臭効果もありますが、どちらかと言えば空気清浄に長けています。
アレルギー性鼻炎で悩んでいる方には、空気清浄機がおすすめです。

脱臭機は、ちり・ほこりといった菌や物質から発せられる臭い分子を、装置やフィルターを通して分解除去し、臭いを消すことをメインにしています。
特にペットがいる部屋や車内などの空間ではかなりの効果が期待できるでしょう。
一方、脱臭機は臭いの原因を分子単位で分解することができると言われており、非常に無臭に近い状態に近づけられます。
脱臭に特化していることから、臭いの原因を特定して抑えこむことができるでしょう。

空気清浄機・脱臭機は、特化した機能がそれぞれ異なり、どちらも空気を綺麗にするということに変わりはありませんが、アプローチが異ります。
脱臭機の選び方について
臭いの性質や場所に合わせて選ぶ
脱臭機には「吸引タイプ」と「放出タイプ」がありますが、これらを臭いや場所によって使い分けることが大切です。
ゴミ箱や車内、ペットのいる所などピンポイントな場所には「吸引タイプ」。
広い部屋や臭いがしみ込んでしまっている場所には「放出タイプ」がおすすめです。

解消したい臭いに適した脱臭方法や素材を選ぶ
脱臭機に使用される脱臭方法や素材には多くの種類があります。
そこから解消したい臭いに適したものを選ぶことが重要です。
幅広い種類の臭いを除去してくれるのが「活性炭」。
酸素を材料として脱臭を行うコスト抜群の「オゾン」。
微生物の活動を抑制する菌の臭いに強い「フィトンチッド消臭」。
光が当たることで表面に強力な酸化力が生じ、有害物質や悪臭の原因となる細菌・有機化合物類を分解できる「光触媒」。

ニオイのお悩みを解決!