ここから本文です

COLUMN

2021.11.30

【ペットと脱臭機】犬の体臭の原因と臭い対策について

犬の体臭

ペットと一緒のお部屋で暮らされている方であれば、ペットの体臭に悩まされることもあるのではないでしょうか?
ペットの体臭が強いのにはいくつか理由があり、しっかりと対策を行ってあげることが大切です。
今回はペットと脱臭機という内容について、犬の体臭の原因と臭い対策をご紹介していきます。

犬の体臭の原因は何?

犬の体臭の原因をいくつか挙げてみましょう。

アポクリン腺が全身にあるため

犬も人間同様、アポクリン腺・エクリン腺という2つの種類の汗腺があるのです。
サラサラとした水のような汗が出るのがエクリン腺で、身体の一部分にあります。
脂肪分を多く含んでいる汗を出すのがアポクリン腺で、この汗が皮脂と引っ付いて酸化することによって臭いが強くなってしまうのです。
人の場合、脇の下などといった一部分にしかないのですが、犬の場合はこのアポクリン腺が全身にあるため、どうしても体臭が強くなってしまうのです。

フケが発生しているため

また細菌の繁殖原因となるものに、タンパク質が挙げられるでしょう。
皮膚の古い角質が剥がれてしまったものを「フケ」という風に呼びますが、多湿・乾燥・細菌感染・栄養不良によってこのフケが多く発生してしまうこともあるのです。

皮膚疾患を患っているため

最後に考えられるのが、皮膚疾患を患っているということです。
寄生虫感染・細菌感染によって引き起こされる皮膚疾患の場合、皮膚の発赤・発疹・痒みなどの症状が見られることがあります。
この状態がひどくなると、膿瘍・腫脹・痛み・発熱といった症状が出てきて、独特の臭いを発します。
またペット自身が皮膚の痒みによって引っ掻く・舐めるといった行為をしてしまい、脱毛・出血といった状態にいたってしまうこともあります。

臭いを和らげる対策をご紹介

犬の体臭の原因

臭いを和らげる対策をご紹介していきます。

犬には栄養バランスのとれた食事を

犬の栄養不良が体臭の原因となることもあります。
そのため、ペットに栄養バランスのとれた食事を正しく与えるということも大切です。
場合によっては栄養補助食品であるサプリメントなどを使用することもあります。
その場合は必ず獣医師などの専門家に尋ねておくようにしましょう。

犬に適したシャンプーを

強い脱脂作用があるシャンプーを犬に用いると、皮脂が不足してしまい乾燥・痒み
の原因となってしまうことがあります。

犬にはそれぞれ適したシャンプーというものがあるため、犬ごとに適切なシャンプーで洗ってあげることが大切です。
犬に合ったシャンプー・リンスなどは、動物病院にて皮膚の状態とあわせて相談するようにしましょう。

犬の体臭が消えない場合、脱臭機の設置もおすすめ!

体臭が消えない場合

「上記の方法を試したけれど臭いが無くならない…」「そもそも対策するのが大変そう…」という場合は脱臭機の設置を検討されてみてはいかがでしょうか?
脱臭機は臭い成分を分解・除去してくれるため、たとえ犬の体臭が強い場合でも、臭いを元から取り除いて快適な空気環境を作ることができます。
また犬の体臭に限らず、タバコや調理時の臭いなどの生活臭にも効果があるため、「なんだか部屋が臭う…?」という時にもおすすめです。

おわりに

今回はペットと脱臭機という内容について、犬の体臭の原因と臭い対策をご紹介しました。
犬の体臭の原因として考えられるのは、全身にアポクリン腺があること・フケが発生していること・皮膚疾患を患っていることなどです。
原因をしっかりと突き止めたうえで、適切な対策を行うことで臭いも段々と和らいでくるでしょう。

しかし犬の体臭が軽減されないという場合は、お部屋の脱臭に特化した脱臭機の設置を検討されてみてください。

QAIS サンスター

著者情報

空気とニオイのお役立ち情報編集部

日常を快適にする、空気とニオイに関するお役立ち情報を発信いたします。

QAIS SUNSTAR

記事一覧へ