ここから本文です

COLUMN

2022.04.21

【ペットと空気清浄機】空気清浄機を選ぶ際には「加湿機能」にも注目

加湿機能にも注目

空気が乾燥していると、肌が荒れたり、痒くなったりといった肌トラブルに悩まされる方も多いのではないでしょうか?
そしてこの乾燥による肌トラブルは人に限ったことではなく、犬や猫などのペットにも当てはまります。
本記事ではペットと空気清浄機の内容に関して、空気清浄機を選ぶ際には「加湿機能」にも注目する理由についてご紹介していきます。

「乾燥」がペットに及ぼす悪影響とは?

乾燥の悪影響

「乾燥」はペットにどのような悪影響を及ぼすのでしょうか?

皮膚の状態が悪くなる

空気が乾燥していると、人と同じように犬や猫などのペットも皮膚が乾燥し、カサカサになったり、フケが出たりといった皮膚トラブルに悩まされてしまいます。
また「アトピー性皮膚炎」といった持病を持っている犬の場合、乾燥で症状が悪化してしまうこともあります。
犬・猫などは乾燥がひどいと肉球にひび割れが生じてしまうこともあるため、できる限り部屋の加湿をきちんと行い、ペット用の保湿クリーム・保湿液といったものを塗り込んであげるのが良いでしょう。

「ドライアイ」のリスクが上がってしまう

冬や春などの乾燥しやすい季節はとくに、角膜・結膜が炎症を引き起こし、「ドライアイ」を発症してしまいやすくなります。
とくに目の大きいペットに関しては、目の状態に細かく気を配るようにしてあげましょう。
動物病院では専用の点眼薬も処方してもらえるため、ペットの目の乾燥が気になる場合は相談してみるのも良いかもしれません。

呼吸器系の病気にかかる確率が上がる

口・鼻に乾燥した空気が入ることで、気道部分の粘膜が刺激されます。
その結果、「咽頭気管支炎」「副鼻腔炎」といったような呼吸器系の病気を引き起こしてしまうことがあります。
このような病気をこじらせてしまうと「肺炎」になってしまうことがあり、最悪の場合「死」に至るケースもあるため注意が必要です。

【乾燥対策に】加湿機能が搭載された空気清浄機

加湿機能が搭載された空気清浄機

冬や春などの乾燥しやすい気候は、人間や動物の皮膚に負担がかかりやすいと言われています。
乾燥によって肌荒れ・毛並みが悪くなるなどの影響を受けるほか、呼吸器系に大きなダメージを与えてしまうこともあります。
そこでおすすめなのが、「加湿機能が搭載された空気清浄機」の設置です。
空気清浄機の中には、清浄機能に加えて加湿機能が搭載されたものも販売されているのです。
加湿機能を搭載している空気清浄機であれば、湿度の低い季節であってもすぐに部屋の湿度を高めてくれ、必要な水分を人間やペットに与えることができます。
空気清浄機に加湿機能が搭載されているメリットとしては、「うるおいを保つことができること」「犬や猫などのペットの抜け毛が部屋に浮遊することを抑えられること」が挙げられます。
空気清浄機と加湿をそれぞれ1台ずつ設置する方法もありますが、加湿機能付きの空気清浄機であれば、少ないスペースで済むため、一人暮らしの方の部屋にもおすすめなのです。
部屋の空気清浄に加えて、湿度の調整もしたいという方には、こちらの加湿機能が搭載された空気清浄機を選ぶのが良いでしょう。

おわりに

本記事ではペットと空気清浄機の内容に関して、空気清浄機を選ぶ際には「加湿機能」にも注目する理由についてご紹介しました。
人間と同じように犬や猫などのペットも乾燥すると免疫力が低下し、体調を壊してしまうことがあるのです。
ペットを室内飼いされている方は、乾燥対策もきちんと行ってあげることが大切です。
加湿機能が搭載された空気清浄機を設置することで、空気清浄を行いながら加湿もできるため、お部屋の「抜け毛問題」「乾燥対策」を1台で解決することができるでしょう。

QAIS サンスター

著者情報

空気とニオイのお役立ち情報編集部

日常を快適にする、空気とニオイに関するお役立ち情報を発信いたします。

QAIS SUNSTAR

関連記事

ペットに関する人気記事

記事一覧へ