ここから本文です

COLUMN

2022.01.24

【ペットと空気清浄機】猫の抜け毛の原因は何?掃除方法もご紹介

猫の抜け毛の原因

ペットとして猫をお家で飼われている方も多いでしょう。
しかし室内飼いの場合、問題となるのが「抜け毛」です。
本記事ではペットと空気清浄機という内容に関して、猫の抜け毛の原因とその掃除方法についてもあわせてご紹介していきます。

【ペットの抜け毛】猫の抜け毛の原因とは?

ペットの抜け毛の原因とは

猫の抜け毛の原因について考えられるものを挙げていきます。

換毛期である

猫は春の時期になると、冬の寒い季節を温かく過ごすために生えていた毛が抜け落ちていきます。
3月頃になると少しずつ抜け毛が多くなってくるため、この時期に抜け毛が増えてしまうことはいたって普通のことであると言えるでしょう。
定期的にブラッシングを行い、余分な抜け毛を除去してあげることが大切なのです。

刺激を慢性的に受けている

猫に首輪をつけているという方も多いと思いますが、首輪を常につけたままにしておくと首のまわりの毛が摩擦によってちぎれてしまい、抜け毛が多くなってしまうことがあります。
このような場合、首輪の素材を別のものに変えてみる・首輪自体を控えるということを試してみるのも良いでしょう。

ブラッシングがしっかりとできていない

人間同様に猫も日頃から毛が抜け落ちるものなのですが、ブラッシングを怠っていると抜け落ちる毛の量は一層増えてしまいます。
換毛期でない場合でもブラッシングはこまめに行い、余分な毛を取り除いてあげるようにしましょう。

病気である可能性も

換毛期・ストレスといったもの以外で抜け毛が発生している場合、「皮膚病」にかかっている可能性があります。
猫がかかりやすい皮膚病の一つとして「猫ざそう」というものがあります。
下あごの部分に黒ニキビができ、それを猫が自身で引っ掻いて出血してしまったり、赤くただれてしまったりといったことが原因で脱毛してしまうことがあるのです。
そのほかにも「皮膚糸状菌症」によって生じる顔まわりや耳、手足などの発疹、「ノミアレルギー」によって生じる発疹などから脱毛してしまうこともあります。
ヒゼンダニというダニが寄生してしまうことで生じる「疥癬」では、フケ・発疹・かさぶたといった症状とあわせて、脱毛が生じてしまうケースもあるのです。
そのほかに考えられるものとしては、ホルモンバランスの乱れに始まり、糖尿病や腎臓病といった病気も考えられます。

猫の抜け毛におすすめの掃除方法

抜け毛の掃除方法

猫の抜け毛におすすめの掃除方法をご紹介します

掃除機をかける前に水を吹きかけておく

猫の毛を掃除機で吸い取ろうとすると、掃除機からの風や排気によって抜け毛が宙に舞ってしまうことがあります。
このような場合におすすめなのが、「掃除機をかける前に部屋全体に水をスプレーしておくこと」です。
こうすることによって水滴が抜け毛・ホコリに付着して重くなるため、舞いにくくなるのです。

カーペットの抜け毛除去にはゴム手袋・粘着テープ

カーペットの抜け毛に関しては水をスプレーするのではなく、ゴム手袋・粘着テープなどでカーペットの表面を撫でて取り除くのがおすすめです。
カーペットは抜け毛が絡みやすいため、少し撫でるだけでも大量の抜け毛が取れることもあります。

空気洗浄機を使用すること

空気清浄機を設置することも非常に効果的です。
空気清浄機は空気中に舞う抜け毛はもちろん、目に見えないウイルス・菌などの汚れを取り除き、部屋の空気を清潔なものに保ってくれます。
抜け毛の掃除に加えて、抜け毛が部屋中に舞ってしまうことを防止してくれます。
また、部屋の床やカーペットに落ちる抜け毛の量を減らすことができるでしょう。

おわりに

本記事ではペットと空気清浄機という内容に関して、猫の抜け毛の原因とその掃除方法についてもあわせてご紹介しました。
猫の抜け毛の原因を突き止め、しっかりと抜け毛対策を行っていきましょう。

ペットのニオイ対策はこちら

QAIS サンスター

著者情報

空気とニオイのお役立ち情報編集部

日常を快適にする、空気とニオイに関するお役立ち情報を発信いたします。

QAIS SUNSTAR

関連記事

ペットに関する人気記事

記事一覧へ