ここから本文です

COLUMN

2021.09.21

「オゾン脱臭機」とは?仕組みや効果について

オゾン脱臭機とは

オゾンという言葉を耳にしたことがある方は多いかと思いますが、そんなオゾンの働きを上手く利用した「オゾン脱臭機」という製品を聞いたことはあるでしょうか?
今回は、「オゾン脱臭機」の仕組みや効果についてご紹介していきます。

そもそも「オゾン」とは?

ギリシャ語で「臭う」を意味しているオゾン。
オゾンは地球の周りを囲むオゾン層に含まれている気体であり、目には見えませんが独特な臭いを放ちます。
大気中に含まれるオゾンは紫外線を吸収し、地球上に住む生命を守るような役割を担っています。
また私たちが日常的に吸引している空気の中にもオゾンは存在しており、大気を綺麗に浄化する性質をもっています。

オゾン脱臭機の仕組み

オゾン脱臭機の仕組み

オゾンは、酸素分子にもう1つ原子がくっついた不安定な構造をしています。
そのため酸素は周辺にほかの物質があれば、それと結合することで安定した物質になろうとします。
このオゾンの性質を活かして脱臭を行うのが、オゾン脱臭機なのです。

赤ちゃん・ペットのいる家庭でも使用可能

オゾン脱臭機は環境基準を基にオゾンの発生量に制限をかけているため、人体に悪影響を与えるようなレベルのオゾンを発生させることはありません。
家庭に赤ちゃん・ペットがいるという場合でも安心して使用することができます。
日本オゾン協会によると、オゾンの量が0.1ppmを超えると鼻・喉に刺激が感じられ、1ppmを超えると頭痛・疲労感といった症状が出てくると言われています。
しかし、元々喘息などの基礎疾患をもっているという方は、微量のオゾン量であっても気管支部分に影響が出る場合があります。
そのためオゾン脱臭機を使用する前に一度、主自治に相談するようにしましょう。

【オゾン脱臭機】どんな臭いに効果的?

オゾン脱臭機は生ゴミ臭・トイレ臭・体臭・カビ臭・タバコ臭など、さまざまな生活臭に対して脱臭効果を発揮します。
空気中に含まれる臭いに加えて、カーテンや壁、天井などに染みついた部屋全体の臭いも脱臭することができるのです。
ただ、オゾンは線香や香水などといった人工的な香料や薬品には反応しにくいと言われているため、注意が必要です。

オゾン脱臭機と空気清浄機との違いについて

空気清浄機との違い

ではオゾン脱臭機と空気清浄機ではどのような違いがあるのでしょうか?
実は空気清浄機とオゾン脱臭機ではその作用がまったく異なります。
空気清浄機は、内部に設置されているフィルターに空気を通すことによって、空気中に含まれている微粒子などの異物を取り除くことができます。
基本的には取り除くことが本来の作用になるため、その付近に浮遊している異物にしか効果を発揮しません。
またフィルターを使用して異物を取り除くため、使用し続けていると当然フィルターが汚れてきます。
そのため、年に1度はフィルターを交換する必要があります。
一方でオゾン脱臭機では、細菌・ウイルス・においの元となる成分を分解することで空気を綺麗にし、同時に気になる臭いを無くします。
花粉症やアレルギーをもっている方は、花粉・ハウスダストなどに効果的な空気清浄機の使用がおすすめです。
しかし「脱臭・消臭をしっかりと行いたい」という方は、オゾン脱臭機を選択するのが良いと言えるでしょう。

おわりに

今回は、「オゾン脱臭機」の仕組みや効果についてご紹介しました。
「オゾン脱臭機」はオゾンの働きを利用して脱臭を行う脱臭機です。
体臭・トイレ臭・生ゴミ臭・カビ臭・タバコ臭など、さまざまな臭いの脱臭を行うことができます。
空気清浄機は空気中の異物をフィルターに通すことによって、空気を綺麗にする一方で、オゾン脱臭機はオゾンを空気中に放つことによって細菌・ウイルスを分解し、脱臭を行います。
オゾン脱臭機を取り入れて気になるお部屋の臭いを除去しませんか?

記事一覧へ