ここから本文です

学術情報

次亜塩素酸水 実験データ ライブラリー
【ウイルス除去評価(in vitro試験)】

ウイルス除去 : 1種類のウイルス(非エンベロープタイプ)

試験品

  • ・滅菌蒸留水
  • ・次亜塩素酸水(有効塩素濃度 220ppm)

方法

  • ・EN 13727:2012、ASTM 1052-11参考
  • ・タンパク質負荷:ペプトン0.03%(終濃度)
  • ・試験品と負荷物質と試験ファージ液を8:1:1の比率で混和し、室温で作用させる。
  • ・作用させて30秒後に、0.5%チオ硫酸ナトリウム溶液を反応液と1:1の割合で混和し、反応を停止させる。
  • ・その後、段階希釈を行い、ファージ感染価を求める。
  • ・試験ファージ液は、トリプトン加生理食塩水(0.85% NaCl、0.1%トリプトン)に懸濁し、その濃度は、約2x109pfu/mlとする。
  • ・段階希釈液にはPBSを用いる。
  • ・負荷物質は、滅菌蒸留水に溶解させる。

結果

1種類のウイルスに対して、検出限界値以下のウイルス除去性能を示した。(n=1による試験)

※すべての菌を除去するわけではありません。

※本データは疾病に対する予防効果を保証するものではありません。

結果

【評価機関】地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所 報告書No.KISTEC31-079A01

※試験結果は試験機関に提供した試料に対するものであり、ロット全体の性能を代表するものではありません。